↑PageTop
川口調理師専門学校川口栄養科理学校
お問い合わせ


トップページ>学科・カリキュラム
調理師科学科・カリキュラム 調理師科のサイトはこちら
21世紀の『食』を創る、クッキングのプロフェッショナルを養成
『食育』の殿堂であるプライドを堅持しています

本校は静岡県で最初に厚生大臣(当時)の指定を受けた調理師養成校で、長い伝統を誇りとしております。
調理の知識や理論はもとより、実際の調理技術の修得 を重点におき、調理実習では日本料理・西洋料理・中華料理などの基礎の徹底修得を目標に、応用技術への発展を目指しており、同時にプロ調理師としての人格 育成、勤勉な人材の養成に努力しており、その成果は毎年調理の職場において高い評価と信頼を得ております。
川口調理師専門学校の特色
静岡県で最初に厚生大臣指定を受けた調理師養成施設
本校は静岡県で最初に厚生大臣指定を受けた調理師養成施設で、長い歴史と伝統はその誇りです。
卒業することで国家試験を受けずに調理師免許証を取得
厚生労働大臣指定の調理師養成施設ですので、卒業と同時に調理師免許を取得できます。
1年間で日本料理・西洋料理・中華料理の基礎を体得
巣立った卒業生が第一線の現場で活躍しています。
取得可能な資格・特典
調理師免許
食品衛生責任者
専門調理師試験の学科試験免除
食育インストラクター
介護食士3級
家庭料理技能検定
専修学校教員資格など
年間カリキュラム
下記のほかにも、校外実地見学会・作品展示即売会・修学旅行・楽しい年間行事をご期待ください!
食生活と健康
(90時間)
健康の保持・増進に寄与する食生活の重要性を認識し、我が国の健康の現状とともに、調理師法、健康増進法及び食育基本法などの健康づくりや食生活の向上に関する法規や関連する対策及び活動について理解することを通して、調理師が果たすべき役割を学びます。
食品と栄養の特性
(150時間)
食品の成分や特徴、食品の加工や貯蔵の方法、生産や流通の仕組みとともに、エネルギーや栄養素の体内での働きに関する知識を習得します。また食品、栄養と健康の関わりを理解し、健康の保持・増進を担う調理師としての自覚を養います。
食品の安全と衛生
(150時間)
食品の安全の重要性を認識し、飲食による危害の原因とその予防法に関する知識や技術を習得するとともに、食品衛生に関する法規及び対策の目的や内容を理解し、食品衛生の管理を担う調理師として自覚を養います。
調理理論

食文化概論
(180時間)
調理の原理について、栄養面、安全面、嗜好面(おいしさ)等から、科学的に理解するとともに、調理に使う食材の特徴、調理の基本操作、調理の目的や規模に応じた調理器具・設備等に関する知識を習得します。
食文化の成り立ち、日本と世界の食文化及びその料理の特性を理解し、食文化の継承を担う調理師としての自覚を養います。
調理実習
(300時間)
調理師としての基本的な態度を身につけ、調理師の業務について、調理技術の習熟度による業務内容の分担や役割を学びます。
調理器機・器具の取扱い、食材の扱いの下処理、調理操作、調味、盛りつけ等の調理過程全体の基本技術を学ぶとともに、各種料理の特性を調理を通して学習します。
総合調理実習
(90時間)
調理師の業務全体を理解するために、衛生管理、献立・調理、食事環境、接遇等を総合的に学びます。
集団調理の基本技術を学ぶとともに、食品、栄養と健康の関わりについて、調理を通して食事に調整する意義を学びます。

製菓科 学科・カリキュラム 製菓科のサイトはこちら

資格がとれる楽しいお菓子作りを習いましょう。
当校は県内で長い歴史を持つ栄養と料理の学校です。JR清水駅よりバスで10分、静鉄電車新清水駅より徒歩10分の所にあります。製菓科は、平成10年4月より開設されました。製菓衛生師の受験資格が1年でとれる厚生労働省の指定校です。お菓子作りは楽しく夢があり、きれいな美味しいお菓子は人の心を和ませます。資格は一生役立つもので、また、趣味として生かす道もあります。

川口栄養料理学校の特色
60年以上の歴史を持つ確かな教育環境
長い歴史を経て培われた確かな実践教育。
平成10年に厚生大臣により製菓衛生師養成施設として指定
※厚生大臣は(現)厚生労働大臣です。
少人数制で細やかな指導のため、理解が深くなります。
製菓衛生師の資格は、確かな知識に基づいた安全な食品を提供できる証明です。
1年間で国家資格である製菓衛生師の受験資格を取得。
取得可能な資格
製菓衛生師免許の受験資格が1年で取得出来ます。
和菓子・洋菓子・製パンを全て学習・実習します。
少人数制で細やかな指導のため、理解が深くなります。
年間カリキュラム
下記のほかにも、校外実地見学会・作品展示即売会・修学旅行・楽しい年間行事をご期待ください!
衛生法規
(30時間)
製菓衛生師は衛生をモットーとする職業ですから、従事するために守らなければならない法律の知識を習得します。
公衆衛生学
(90時間)
人々の健康を守り、かつ増進することを目的とし、その管理責任の一端をになうために必要な知識を幅広く学びます。
栄養学
(60時間)
健康な生活を送るにはどんな食物を摂り入れたらよいか。
必要な栄養素やカロリー、食物の酸性、アルカリ性などについて専門の知識を勉強します。
食品学
(60時間)
食品の栄養・成分等科学的な分析、製造工程、貯蔵や食物の歴史を研究することにより、製菓基礎を学ぶ、基本的な学問です。
食品衛生学
(150時間)
将来、製菓衛生師として衛生管理の見地から全ての食品衛生責任者としての専門知識を勉強します。
社会
(60時間)
社会人として、また立派な職業人としての社会的常識、マナーを学び身につけます。
製菓理論及び実習
(570時間)
近代的製菓は科学的、理論的基礎を裏付けに発展を図ります。
製菓の基礎技術を修得すると共に、その道の権威からプロ製菓の秘伝を勉強します。